Our Mission (私たちの使命)

ザルトリウスは1870 年ドイツ北部の学術都市ゲッティンゲン市で生まれました。同市にあるゲッティンゲン大学は、ドイツでも屈指の理工系の大学で数多くのノーベル賞受賞者を出していることで有名です。ザルトリウスは古くから同大学と産学協力を進め、技術度の高いユニークな商品を次々と上市して参りました。

ザルトリウス・ステディム社は、ドイツのザルトリウス社とフランスのステディム社の合併により2007 年に設立されました。 ザルトリウス・ステディム・ジャパン株式会社は100%出資の日本法人として、同じく2007年に設立されました。

ザルトリウス社はフィルトレーション・テクノロジーのリーディングカンパニーであり、また一方のステディム社はシングルユーステクノロジー(SUT)のパイオニアであります。

両社の合併によって、これまでのフィルトレーション+SUTの枠を超え製薬・バイオ産業を総合的技術サポートできる企業へと飛翔することが可能となりました。

会社案内 会社案内
ドイツ・ゲッティンゲン市にある本社 リヒャルト・ジグモンディ(1865〜1929年)
限外ろ過用メンブレンフィルターの製造に世界で初めて成功し、ザルトリウス・ステディム社の膜分離技術の基礎を造りました。 1925年ノーベル化学賞受賞